老人保健施設瑞穂

  • 文字サイズ
  • 大
  • 標準
  • 小

施設の目的と方針

目的

老人保健施設瑞穂は介護が必要な高齢者に良質なケアとリハビリテーションを提供し、在宅生活を支援します。

ビジョン

利用者・職員・地域にとって魅力ある施設として成長し続ける。

運営の方針

1.生活機能維持、向上を目的としたリハビリテーション

在宅生活支援、自立支援施設としての役割を認識し、充実したリハビリテーションを提供します。

2.「at your side」(お客様第一主義)な組織文化の育成

利用者ひとりひとりの個別性を重視した目標と支援計画を立て、質の高いケアを医師・看護職員・介護職員をはじめとした全てのスタッフがチームとなって提供します。

3.地域に根ざした事業所

地域や家庭との結びつきを重視し、多くの方に気軽にご利用いただける開かれた施設を目指します。また関係行政機関・サービス提供機関との連絡調整を密にし、地域福祉の向上に努めます。

行動指針~瑞穂の想い~

活きたサービスづくり

私達は、質の高いリハビリテーションを通じて、その方に合った生活を提供します。

職員の心構え

私達は社会人としての責任感を持ち、ブラザーグループの一員として、地域でも活躍できる優れた人材を目指します。

明るく、イキイキとした職場

私達はやる気に満ちた職員であり続けます。

地域社会との共生

私達は、地域に根ざした施設を目指し、共に歩み続けます。

ロゴの由来

老人保健施設 瑞穂ロゴマークは、瑞穂区の「区の木・区の花」である「桜」を3カ所に配し、「利用者・家族」「私たち職員」「地域」を表現しています。

PDF形式のデータをご覧になるためには、Adobe Reader®が必要です。お持ちでない方は、左のアイコンをクリックしてダウンロードの上、インストールしてからご覧ください。(Adobe社のサイトへリンクします)

お問い合わせ・資料請求はこちら

ご面会の皆様へ

採用情報

このページの先頭へ