老人保健施設瑞穂

  • 文字サイズ
  • 大
  • 標準
  • 小

ペンギン伝言板

老人保健施設瑞穂では1F光庭でケープペンギン2羽を飼育しています。ペンギンたちの名前は“そら”と“まめ”。飼育当初にご利用者からの公募で決まりました。
平成11年の開設時からつがいで飼育しており、現在は17歳と18歳になりました。ペンギン歳で言えば、なかなかのご長寿です。
飼育を始めたきっかけをよく質問されますが、ペタペタ歩く愛らしい姿がアニマルセラピーにつながればとの思いと、地域の皆様から親しみやすい施設でありたいとの思いから飼育を始めました。
今では、当施設のアニマルセラピストとして、ご利用者だけでなく、職員にとっても癒しの存在で、多くの方から愛されています。

ペンギン

飼育員は介護士、理学療法士、ケアマネジャーなどなど

開設以来、飼育は私たち職員が交代で担当しています。全くの素人集団ですが、10年以上が経過する今日では、その仕草や食事摂取量などから健康状態や機嫌などもわかるようになりました。
実際に、このカップルは毎年産卵しており、その多くが有精卵ですでに何羽もの2世が新たに誕生しています。

飼育員

マスコットキャラクターです

ペンギンたちは当施設のマスコットキャラクターにもなっています。
行事の時にはいろいろな衣装に着替えて登場します。
またこのホームページでも度々登場していますので、既にご覧になった方も多いのでは・・・。
ペンギン“そら・まめ”に関するご質問はお問い合わせフォームからお気軽にどうぞ!
ホームページ上で順次お答えしていきたいと思います。

お問い合わせ・資料請求はこちら

ご面会の皆様へ

採用情報

このページの先頭へ